ダウンロード (12)

クリーンルームの基本と  その重要性について


英和商工株式会社 大阪本社
クリーンルームの重要性を知ろう
クリーンルームとは
  • check_box クリーンルームは微粒子や塵埃を最小限に抑えた特殊な環境を提供します。
  • check_box 医薬品製造や半導体製造などの産業ではクリーンルームが必須とされています。
  • check_box クリーンルームは製品の品質保持や作業者の安全を守るために重要です。


クリーンルーム内の空調管理

クリーンルーム内の空調管理

クリーンルームで重要なポイントとは?

  • Point 01

    清潔な環境維持


    クリーンルームでは極めて清潔な環境を保つことが必要です。定期的な清掃と厳格な汚染管理手順を徹底し、塵や微粒子の侵入を防ぎます。


  • Point 02

    適切な防護服の着用


    作業者はクリーンルーム専用の防護服(クリーンスーツ、手袋、マスクなど)を正しく着用し、体からの汚染物質の放出を防ぎます。入退室時にはエアシャワーなどの使用も重要です。


  • Point 03

    空気の管理


    クリーンルームの空気はHEPAフィルターやULPAフィルターを使用して徹底的にろ過し、適切な気流を維持します。温度、湿度、気圧も管理し、汚染のリスクを最小限に抑えます。


CHECK!

クリーンルームが求められる場所とは?

厳密な環境制御を通じて高品質な製品や研究成果を確保


  • 1920タイル圧縮

    POINT01

    半導体製造

    微細な回路を作成するため、非常に高い清浄度が必要です。微粒子が製品の欠陥につながるためです。


  • 1920石圧縮

    POINT02

    製薬

    医薬品の製造には、汚染を防ぐために高い清浄度が求められます。特に無菌環境での作業が重要です。


  • 1920タイル圧縮

    POINT03

    バイオテクノロジー

    細胞培養や遺伝子操作など、微生物や汚染物質の混入が許されない作業に使用されます。


背景画像
AdobeStock_110569078

クリーンルームの定期点検とは


フィルターの点検と交換

HEPA/ULPAフィルターの目詰まりや漏れを検査し、圧力損失が増加した場合は交換します


空調システムの点検

気流パターン、温度、湿度、差圧が設計通りか確認します


清浄度の確認

空気中の微粒子数と表面の清浄度を測定します


設備と機器の点検

エアシャワー、パスボックス、クリーンベンチなどの動作確認と機器の校正をします


清掃とメンテナンス

クリーンルーム内の定期清掃と予防保守を実施します


記録と報告

点検結果を記録し、定期的に報告と改善策の検討します


フィルターの選び方と交換時期

フィルターの選定は製薬、電子部品製造、バイオテクノロジーなど、クリーンルームの用途に応じて異なります。例えば、製薬業界では微生物の制御が重要なので、より高性能なフィルターが必要です。フィルターの交換は通常3~6ヶ月ごとに行います。フィルターの圧力損失(差圧)を定期的に測定し、初期値から50%を超える圧力損失が見られた場合は交換のサインです。また、クリーンルーム内の清浄度が規定の基準を満たさない場合、フィルターの劣化が疑われます。この場合も交換が必要です。フィルターメーカーが推奨する交換時期に従うことも重要ですので、使用状況にもよりますが、一般的に1~3年が交換の目安とされています。これらのポイントを守ることで、クリーンルームの清浄度を維持し、製品や研究の品質を確保することができます。


フィルターの選び方と交換時期

英和商工株式会社 大阪本社

お気軽にお問い合わせください。

営業時間:8:45~17:45
sample-02